登り窯体験2017(窯出し)

備前陶芸センターの登り窯体験、本日窯出しでした。

登り窯の中、体験参加者を除く作家さんとか研修生の作品は先に取り出し済みたいで、ほとんど片付いてました。
残った体験参加者の作品の取り出しと、ペーパー掛けやってきました。

登り窯
登り窯

とりあえず、自分の作品探してペーパー掛け。
このあと品評会があるので、いいものは前に、失敗したものは後ろに並べます(笑)

焼成完了!
焼成完了!

とりあえず、ぐい飲みと徳利。
両方ともお茶碗の中に入れて焼いてもらったので、同じようなグラデーションかかってます。
お揃いでいい感じ~

徳利と手びねりぐい飲み
徳利と手びねりぐい飲み

片口もお茶碗の中に入れられれば良かったんですが、サイズ的に無理でした・・
ろくろ引いてるときに、ぷくがあって針でつぶしたんですが、上手くつぶれているか心配だったんですが・・大丈夫でした。

酒注器
酒注器

マグカップとコーヒーカップ。
マグカップは全体に藁巻いてお願いしたので、多分どっかの鉢の中に入れてくれたんだと思います。(窯入れまでは自分で出来なかった)
きれいな緋色になりました。
コーヒーカップは皿に伏せて焼いてもらったんですが、ゴマでお皿とくっついちゃったみたいです。
飲み口のとこ、ちょっとはげてるんですが、これはこれでよし・・・

マグカップとコーヒーカップ
マグカップとコーヒーカップ

お茶碗、約13cmくらいの直径で作ったんですが・・焼いたらめちゃ小さくなった><
14cmオーバーのほとんど丼みたいな大きさにする必要があるかな・・次回の課題です。

お茶碗
お茶碗

で、最後の品評会で「陶芸センター賞」っていうのもらいました。
賞品の備前焼。多分藤田先生の作品だと思います。
次回はこれ手本にしよう。

賞品の小鉢
賞品の小鉢

今回備前焼きというよりも、備前の粘土と登り窯でいつもの陶芸教室で作ってる信楽焼の作品焼いた感じで・・もうちょっと備前焼らしさが足りない気がしてます。
ろくろ使った造形で”らしさ”表現できるようになりたい感じです。

だいたい、そんな登り窯体験でした。

・・・おわり。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村