日記というより記録かな?

今回の窯・・

ほぼテストピース。
四角形のテストピース使ってもいいんだけど、それだと器になったとの釉薬の流れ具合が判らないので、最近はぐい吞みの形状にしています。
特に、マンガン系はこれじゃないとテストにならないっぽい。

今回のテスト。
金色ばっかじゃ、何か辛気臭い感じもあって、金色は主じゃなくて従な感じにしてみようかなと思って・・
主になる色考えたんだけど、家には赤系ないので青と緑と黒と白が候補。
赤系は次に原料発注するときに考えます。

で、試しに青と緑。
上部に金色・・こっちは完全に失敗。多分施釉厚足りてない。筆塗りなんて慣れないことやったせい。
青と緑のマット釉は、結構いい感じかも?量産して浸し掛けのテストかな?

次に黒。
これもマンガン系。
マットにしようとしてて、少し厚めに塗ったら流れたorz
フラットな平面だとうまくいってたんだけど、やっぱダメだったか・・
機転利かせて煎餅の上に置いたので、棚板汚れなかったのだけが救い。

次。
白マット。
なんか粉引っぽいのができた。
これは採用。

釉薬で赤色出すの難しいけど、粘土で赤色は難しくないってことで、粘土のテスト。
釉薬かけると全然色変わっちゃいますね。
赤色欲しいときは無釉でってことかなー
これからろくろ挽くのは冷たくて無理っぽいので、春からの課題。

あと、出来の悪いのからピックアップして、金彩を施釉。
基本的にブラックコーヒー想定して黒×金のコントラストが狙いなんだけど、コーヒー入った写真無いのでそれ用に作成。
頭の中ではイメージあるんだけど、それを写真に撮るテクニックが‥まぁやるしかないんだけど(汗)

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。