リベンジの粉引

前々回、取ってにひび入って全滅した粉引のリベンジ。

再生粘土たまってきてたので、その処理も兼ねて作ってみました。
弁柄練り込んだ粘土も加えたので、粘土が異様に赤い!

これを削って、白化粧。
白化粧は朝鮮カオリンを原土で買って来て自分で砕いたものが混ざってるので、真っ白ではないです。

前回濃すぎた反省から、今回薄め。
シャバシャバする感じです。

化粧掛け直後は、ちょっとグレーだけど、乾燥するにつれて白くなっていきます。

透明釉かけて窯詰め。

今回は取っ手部分ひび割れすることなく仕上がりました。

透明釉施釉してますが、全体的にもっとしっとりした感じが好きなので、釉薬はもうちょっと工夫が必要かな。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村