も~いーくつね~る~と~

気が早い気もするけど、干支の置物作ってる人も増えてきたし、おかしくない時期に来てるのかな?

ってことで、今回の窯で焼いたもの。
おめでたい器w
金色の器。

何に使えるのかなー?
安酒入れても、ちょっと高級な感じに思えればいいのかな?

あと、粉引のテスト。
釉薬施釉すると白化粧が剥離するので、試行錯誤中。
とりあえず、並漉し粘土では大丈夫だった。

透明釉。

白マット。
白マット施釉するときは、別に白化粧しなくてもいいかなー・・

次に前回のテストピースでいい感じになってた釉薬でぐい飲み。
マット系の釉薬って施釉厚で、全然効果でないことがあるのが判った。
普通に作るときはボーメ計で測ってるんですが、少量の場合の施釉厚のコントロールがまだできてません。
もうちょい工夫が必要なようです。

最後に、現在使ってる釉薬の調整。

あめ釉→そば釉。
これは結構いい感じ。

瑠璃釉→瑠璃マット。
上にも書いたけど、施釉厚が薄すぎた感じ。

施釉厚のコントロールが、一番の課題として残った感じです。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。